JAHAトップ  | オンライン申込トップ  | カート  | ご利用案内  | お問い合わせ

整形外科ワークショップ [Basic course]

骨折治療の基礎から最新治療法の実践的臨床 ベーシックコース
※定員に達しました(キャンセル待ち受付中)
キャンセル待ちに申し込まれた方は次回開催時に優先的にご案内いたします。

講師写真
Instructor: 本阿彌 宗紀(ほんなみ むねき)
東京大学大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター
 
【Administration】
Course Chairman 川田 睦(ネオベッツVRセンター)
東日本地区ディレクター 森 淳和(DVMsどうぶつ医療センター横浜)
 
<協力>ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
J&Jロゴ


ご案内

プラスチックボーンを用いた整形外科ドライラボと最新の学術講習の組み合わせは、
最も効果的に技術を習得することができます。そのため、最近ではドライラボを
中心に据えた講習会が数多く開催されています。

しかしながら、こういった講習会にも欠点があります。それは、時間です。

参加者にできるだけ多くの知識、技術を持ち帰っていただくため、
我々はプログラム構成に知恵を絞るのですが、
どうしても時間が十分に取れない項目が発生してしまうのも事実です。

今回のJAHAにおけるワークショップは、この反省から、できるだけ時間をかけて、
丁寧な実習講義を行うことに注力して構成しました。
受講される方も大変だとは思いますが、ご参加くだされば十分に満足いただける
内容だと確信しております。

Course Chairman/JAHA副会長  川田 睦(ネオベッツVRセンター)

開催概要

Basic course [全6回] *単回での受講はできません。
期間 2017年7月-2018年2月
時間 18:00-21:00(3時間) * 初回のみ2回分 13:00-19:00(6時間)
定員 18名(最少催行人数 12名)
会場 JAHA日本橋セミナールーム(東京都中央区日本橋3-2-7常盤ビル7階)地図
 

日程・実施内容

【本阿彌先生メッセージ】

 本ワークショップは今回で2回目となりました。前回は、講師と参加者の距離感が近く
アットホームな環境の中、基礎からとっておきのコツまでじっくりと実習を行うことができ、大変ご好評いただけました。

 今回は前回参加者のご意見を元に、さらにブラッシュアップした内容となっております。
コースはより短期間でベーシックな内容に絞り、初学者にも参加しやすい形式にしました。

ベーシックコース受講者には、さらに上級者向けのエキスパートコースの開催も予定して
おりますので、こちらも是非ご期待ください。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日程

第1+2回 7月22日(土) 13:00-19:00
第3回  8月22日(火) ※第3回以降全て 18:00-21:00
第4回  10月17日(火)
第5回  12月19日(火)
第6回  2018年2月13日(火)

 → 開催内容詳細


今後の開催予定[Expert Course]について

整形外科ワークショップは2016年度に開催した全10回の内容を基に
2017年度[Basic course]、2018年度[Expert course]として
2年間に渡り開催します。

Expert course予定内容(一部)
「ロッキングプレートとは」
「粉砕骨折に対するプレートロッド法」
「小型犬 橈尺骨骨折に対するプレート固定」

※Expert courseの受講者募集にあたっては 原則的に Basic course を
受講された方を優先して受け付けます。

※2016年度に受講された方もBasic course受講者とみなします。

受講料 <全6回一括> ※講義資料・実習材料費込み

JAHA会員 18万円(税別)     一般 27万円(税別)
 

代理出席について

内容の構成上、可能な限り同一人物が全てのコースに参加することをお願いしております。
ただし、体調不良等、止むを得ない理由が生じた場合は、代理の方の出席を認めます。

お申込みの段階で、同一の方による全コース履修が難しいと見込まれる場合は、
JAHA事務局までご相談ください。

 

ワークショップ申込方法

*一般受付中
※定員に達しました。キャンセル待ち受付中


Copyright(c) 2012 Japanese Animal Hospital Association All Rights Reserved.